2021年10月24日 ポッドキャストの内容

ブログ

この記事は2021年10月24日 ver0.12.11.6.14949 時点をもとに作成しています。

先日10月23日にEFTの開発内容をいつも話してくれるニキータ氏が登場するポッドキャストがTwichで配信されました。

配信時に話された内容をまとめていきます。

ポッドキャストの内容

  • 新年までにさらに多くのパッチをリリース予定
  • 運用タスク(デイリータスク)にはテストが必要 — これは最初の反復に過ぎない
  • 世界中に共有されるデイリータスクが計画されています — 「結果を得るためには誰もが何らかの努力をする必要がある」。例えば、BEARSはUSECを2万人殺さなければならない。BEARSが勝利すると、Praporは期間限定でBEARだけの「秘密の忠誠度」を解除します。
  • 複数のクエストに失敗しても、システムが自動的により簡単なクエストを与えてくれるので、それをクリアできるまで続けられる
  • デイリークエストはトレーダー間でランダムに行われ、各トレーダーのクエストはそのトレーダーに関連した「テーマ」を持っています — セラピストは医療関連のクエストを出す等です。
  • 運用タスク(デイリータスク)はトレーダーに悪影響を与えません。

<以下ニキータ氏の現状の思い>

“直接のゴールを目指しているので、実際にはそれほど多くの機能や場所は残っていません。しかし、いくつかの大きなコア機能といくつかの場所が残っていて、それらがすべてなのです。今は12.12を完成させていますが、来年には最終機能と最終ロケーションを完成させる予定です。今年中に実現したかったのですが、パンデミックなどの影響で制約が多く、私たちには難しくなってしまいました。

来年には、ずっと前に設計したこれらのコア機能のための期限やマイルストーンが終了し、最終的には、ゲームをいつリリースしたいのか、正確なリリース日を完全に把握し、理解できるようになることを願っています。来年であることを願っています。発売ではなく、来年中に、ゲームをリリースする日を(明確に理解する)必要があります。来年でなければなりません。というのも、私たちはEFTの制作に追われていますから。もちろん、先に進みたいと思っています。

今、私たちが望んでいるのは、ゲームを完成させること、コア機能を完成させること、そして残っているものは何でも、実際にはあまり残っていないのです。なぜなら、このゲームにはすでに多くのコンテンツがあるからです。たくさんの武器、たくさんのアイテム、ギア、服、場所、Hideoutのようなさまざまな仕組み、クエストなどです。つまり、ゲームをプレイするのに必要なものはすべて揃っているのです。あとはストーリー性のあるクエストを作り、ゲーム名にもなっている「タルコフからの脱出」を実現するだけです。タルコフから脱出するためには、これらのクエストやコンテンツが必要です。そして、ゲームは完成します…[一時停止]・・・「完成」ではなく、ゲームは完成しますが、後にDLCなどを追加する必要があるので完成ではありません。私たちは、この瞬間が非常に重要であるため、この瞬間をより身近なものにするために、仕事をして、より速くする必要があります。

ストーリーラインクエストのようなコアな機能のことです。この機能には、やらなければならないことがたくさん含まれています。「クエスト」だけではなく、そのための完全な新システムと、それに関連するすべてのものです。一つの機能だけではありません。一つの機能ではなく、中程度の機能と小さな機能からなる大きな機能です。我々は「Streets of Tarkov」を完成させる必要があり、それによってゲーム内に追加機能、新しい種類の要素、「Streets of Tarkov」に登場するさまざまなものがもたらされます。つまり、ここも単なる場所ではなく、やらなければならない機能が山もりなのです。これらの機能はすべて他の場所でも使用されるので、すべてがリンクしているのです。また、大規模ではありませんが、高度なサイレンサー関連の機能や高度な移動機能などもあります。大したことではありませんが、これらはやらなければなりません。他にも、ゲームに入れたい機能のリストはまだ膨大にありますが、時間内に実現することはできません(時間内に機能を作る)。まだまだたくさんのことがあり、お伝えできることもあれば、そうでないこともあります。ちょっとしたサプライズにしたいので、これ以上はお話できません。でも、いくつかのコアな機能は今年になります。それらについては問題がないことを願っています。次の年には、これらの最大のものを閉じなければなりません。私たちは実際に終わりを感じ、最終日を迎え、ゲームを完成させるために他に何が必要なのかを完全に理解することができます。しかし、繰り返しになりますが、私たちは思っていたよりも発売に近づいているという全体的な感覚を持っています。”今年の終わりと来年が最も重要な時期なので、それを現実のものとし、できる限りのハードワークと努力をする必要があるのです。”


<残り時間で話された会話の内容>

  • LABでのレイダーのスポーンはバグがあり、BSGは認識している。
  • 武器の誤動作が増える予定だが、100%では発生しない。
  • 銃のオーバーヒートには視覚的な熱効果がありますが、H.U.D.には何も関係ありません。
  • 誤動作は「純粋に現実に基づいていますが、少しだけ単純化しています。一般的な考えは、実生活と私たちの個人的な経験に基づいています。
  • もし他社がEFTをコピーしようとしても、せいぜい1つか2つのメカニズムをコピーするだけで、EFTのフィーリング全体をコピーすることはできません。
  • アリーナに関連して–「すぐにすべてがわかるだろう」。多分、年末までには情報が得られると思います。
  • アリーナはEFTとは別の独立したゲームになりますが、E.o.Dのオーナーと統合することができます。
  • アリーナmodsにはPvEと “トレーニングPvE”–「自分のチームと一緒にトレーニングができる」–があり、ランク付けはされない予定です。
  • Arenaには複数のゲームモードがあります。複数のプレイヤーが参加するセッションベースのランクプレイのほか、トレーニングやPvEもあります。
  • 腕が弾を吸収する — 腕はまだ数発は吸収しますが、大きな違いはないはずです。古いバグが復活しているかもしれません。
  • チュートリアルがあります。「簡略化されたリニアマップで、ゲームの基本的な機能を説明しています。
  • 将来的には、ラボは異なる入り口(マップ)からアクセスできるようになります。将来的には、ワールドマップからラボを選択するオプションはなく、まずStreets of Tarkovを通過する必要があります。
  • Killcam — 今のところ、BSGがキルカムを追加するのは技術的にとても難しいです。しかし、アリーナの新しいネットワークを使えば、キルカムの追加が可能になります。彼はまずArenaに追加してから、EFTに統合する方法を考えます。彼はEFTに没入感を持たせたいと考えているので、フリーフローティングカメラではなく、ヘルメットカメラのようなものになるでしょう。
  • EFTのレイドにおけるプレイヤーの動きを示すヒートマップは、すでにゲームのバックエンドに存在しているので、追加できるかもしれません。
  • Nikita氏は、プレイヤーが同じ場所を何度も訪れることを好まない。Nikitaは、ゲームを予測しにくいものにしたいと考えています。しかし、それを良しとしないプレイヤーがいることも知っている。
  • 戦利品が全くない場合や、危機的な状況にも対応できるようにしなければなりません。ゲームはよりハードコアなものになります。ニキータは、すべての人がこれを好むわけではないことを理解しています。
  • このアイデアは、マーケティングや金儲け、多くのプレイヤーを集めることが目的ではありません。No.1になることが目的ではないのです。ニキータはこのゲームを非常に詳細でリアルなものにしたいと考えており、だからこそニキータはこのゲームがすべての人に受け入れられないことを知っているのだ。
  • :私たちがチーターと一緒に仕事をしているとほのめかされていることに私がどれほど悩んでいるか、あなたにはわからないでしょう。全くのデタラメです。我々は常にチーターやチート開発者を憎んでおり、バトルアイと協力してチート検出を改善していくつもりです。
  • 大企業もチーターに苦戦しています。「私たちがこの問題に真剣に取り組んでいないと考えるのは、本当に馬鹿げています」。
  • 大企業もチーターに苦戦しています。「私たちがこの問題に真剣に取り組んでいないと考えるのは、本当に馬鹿げています」。
  • バンドル販売 — ニキータは、それがチート行為につながることを懸念していない。それよりもトライアルキーの方が気になるという。未使用のキーを持つユーザーのパックを禁止する技術が開発されている。BSGは1日に何千人ものチーターを追放しているが、何もしていないと非難されている。BSGがより効率的にチートを追いかけることで、チートの価格が高くなり、チートが減ります。
  • BattleEye社は、EFTプロジェクトがアンチチート業界全体を前進させたと言っています–新しい手法などです。もちろん、チーターもそれに追いつこうとしています。

<元の動画>

Community Podcast> COO of BSG - Nikita Buyanov, Gingy, Lvndmark, Glorious, HyperRat !podcast !guests #day 574 - iredseven on Twitch
iredseven went live on Twitch. Catch up on their Escape from Tarkov VOD now.

感想

アリーナの機能の実装がかなり近いようですね。

また、チュートリアルの実装も行うそうなので初心者がプレイした際の取っ掛かりはかなりつかみやすそうです。

今後ストリートオブタルコフの実装によって従来のMAP選択画面は消滅するようです。少なくとも現状と同じではなくなってくると思います。LABに関しては直接マップから選択できなくなるようになるので恐らく複数個所存在するであろう出入り口は非常に怖いポジションになりそうです。

ニキータ氏が作りたいゲームとしてはある程度簡略化された部分はあるが、没入感のあるリアルなゲームのようです。そのため、理不尽なタスク、現実と似たような予測できない事態(突発的なイベント)物資不足、値段の高騰、etc… 現実と同じように予測が非常に難しいものが沢山出てきます。

日常からの備えと予測できないことを予測する必要がでてきます。

一番安直な考えの一つとしては日常で使用するものをストックしておくことだと思います。武器、防具、弾薬、糧食、医療品。理想を言えばキリがありません。限界はどうしてもあります。対応しにくいイベントなどが起こった場合に、どのような形でタスクなどを実現をするのかや欲しいものを調達するのか非常に考えさせられます。

現実と同じようなことがたくさんより起こるでしょう。

例えば現実で車を購入するまでに資金を貯めようと思います。購入するまでにはたくさんの事柄が起こると思います。

目標:車を買う

貯金を始める → 働く → 飲み会に沢山誘われる月であまり貯蓄できなかった → 趣味に少し多めにお金を使ってしまった → 突発的に出費がかさむ事態が起きた → 骨折などのけがをして医療費がかさんだ → 身内の不幸があった → 旅行に行った → コロナ蔓延による移動制限や物品調達に影響が出た → 半導体不足による納車の大幅遅延 → 購入する車がいつまでたっても来ない.etc

など現実で考えられるものや起こっていることをちょっと書き出しただけでもこれだけのことがあります。パッと思いつく予測できそうなものはより多くゲーム内に実装されてくるでしょう。

それらに加えてレイド中に起こる事態にできるだけ対応するためのアイテム類。。。

考え始めるときりがありませんね。。。

話しが伸びましたが、ひとまず目先のアップデートを楽しみに待ちましょう。

以上です。